GitとSourceTreeをインストールしよう

Gitは、Windowsの場合には標準ではインストールされていません。macOSにはインストールされていますが、こちらもバージョンが古い可能性があるため、最新のGitをインストールしておくと良いでしょう。

次の Webサイトにアクセスします。

右下に、環境に合わせたダウンロードボタンが表示されているため、これをクリックします。

セットアッププログラムを実行すると(英語です)、ライセンスの確認やインストール先の確認の後、インストールするコンポーネントの選択画面が表示されますが、これはそのまま「Next」ボタンをクリックしましょう。

スタートメニューの名称はそのままで、次の「Adjusting your PATH environment」という選択肢は、一番上の「Use Git from Git Bash only」を選択しましょう。

それ以降の選択肢は、すべてそのままの状態で構いません。「Next」ボタンを何度かクリックして、インストール作業を完了させます。最後に「Finish」ボタンをクリックしましょう。これで、Gitが利用できるようになりました。

SourceTreeをインストールしよう

Gitは、今インストールしたGit本体をインストールすれば、「コマンドライン」を使ってキーボードで操作して利用することはできます。しかし、なかなか馴染みにくく、慣れるまでは非常に大変なので、近年ではクライアントソフトを利用することが一般的です。

クライアントソフトには、さまざまなものがあり、また開発ツールやエディターソフトに内蔵されていることもあります。ここでは、なかでも無償で使いやすい「SourceTree」を利用してみましょう。

SourceTreeは、次のサイトで無償でダウンロードすることができます。

アクセスすると、利用している環境に合ったソフトのダウンロードボタンが表示されるので、これをクリックしましょう。

ダウンロードしたプログラムを実行すると、セットアップ画面が表示されます。

SourceTreeを利用するには、「My Atlassian」というアカウントが必要です。初めての方はここでアカウントを作成しておきましょう。Googleアカウントでも登録できます。

ログインすると、次に「Bitbucket」「Bitbucket Server」および、「Github」というサービスのアカウントとの接続画面が表示されます。これについては、後で設定するためここでは「スキップ」ボタンで構いません。

次に、図のような「Mercurial」というものについての設問が表示されます。

Mercurialとは、Gitと似たバージョン管理システムの1つです。SourceTreeと言うこのソフトは、GitとMercurialの両方に対応しているため、Mercurialをインストールするかどうかを聞いてきます。ここでは、不要なので一番下の選択を選びましょう。

なお、後からこの機能を有効にすることもできます。

セットアップが完了すると、図のような画面が表示されます。これで、SourceTreeが利用できるようになりました。

コメントを残す