Gitにコミットしてファイルを預けよう

Gitはフォルダー単位で管理することになるため、ここではGitで管理したいフォルダーを作成しましょう。デスクトップなどに作成しておきます。

そして、Visual Studio Code(VSCode)でGitを利用するには、フォルダーをVSCodeで開いておく必要があります。「ファイル→フォルダーを開く」で、今作成したフォルダーを指定しましょう。権限の確認のウィンドウが表示された場合は、アクセスを許可します。

画面左側の「エクスプローラー」パネルに、フォルダーの内容が表示されます。

リポジトリを初期化しよう

Gitを使うには、フォルダーを「リポジトリ」と呼ばれるGitの「保管庫」に設定する必要があります(Repositoryは英語で、倉庫といった意味)。まだリポジトリになっていないフォルダを開いている状態で画面左側の「ソース管理」ボタンをクリックしてパネルを開くと、図のような画面になります。

まずはここで「初期化」作業を行いましょう。といっても、「リポジトリを初期化する」ボタンをクリックするだけです。これで、Gitで管理ができる状態になりました。

ちなみにこの時行われるのは、フォルダーの中に「.git」という名前の隠しフォルダーが作られます。この中に、管理用のファイル群が作成されていくので、このフォルダーは削除しないようにしましょう。

新しいファイルを作成しよう

それではこの状態で作業を始めてみましょう。ここでは、図のボタンをクリックして新しいファイルを作成し、「README.md」という名前のファイルを作成します。ファイル名は実際にはなんでも構いません。

そして、エディターに次のように入力しましょう。

# Git

これでファイルを保存します。すると、「ソース管理」ボタンに、図のように数字が表示されるようになります。

クリックしてパネルを開くと、今作成した「README.md」が表示されています。これは、Gitがフォルダーに起こった変化を常に監視していて、今は「ファイルが追加されたようですが、Gitで管理しますか?」というのを確認している状態です。

一番右の「U」は、「Untracking」の頭文字で追跡していないファイル、つまりまだGitの管理下に入っていないファイルという意味です。Gitでファイルの変更や削除を「追跡」するには、「コミット」という作業を行って、Gitの管理下に入れる必要があります(Commitは「委託」といった意味の英単語)。

では、コミットをしていきましょう。コミットをするには、「コミットメッセージ」を残す必要があります。これは後で、ファイルの変更履歴を確認するときに、どのような変更をしたのかを示すログになります。

ソース管理パネルの上部のテキストエリアに「READMEを作成しました」などと入力して、「コミット」ボタンをクリックしましょう。

すると、図のようなメッセージが表示されます。これは、「ステージング」という作業を行っていないためですが、ここではいったん「はい」をクリックしておきましょう。ステージングについては後述します。

これでコミットが行えます(が、実際には初回は失敗します)

名前とメールアドレスを設定しよう

Gitで初めてコミットしようとした場合、次のようなエラーが表示されることがあります。これは、名前(user.name)とメールアドレス(user.email)が設定されていないため。

Gitはこの後紹介する「リモートリポジトリ」というネット環境を通じて、他のチームメンバーと作業を共有できるため、その時に見分けをつける名前と連絡先のメールアドレスを設定する必要があります。

そしてこの設定は現状ではVSCode上では行えないため、コマンドを利用する必要があります。

まずはターミナルを起動しましょう。macOSの場合は「アプリケーション→ユーティリティ→ターミナル」を、Windowsの場合はスタートボタンを右クリックして「Microsoftターミナル」または「Powershell」をクリックします。

そしたら、次のコマンドを入力しましょう。

git config --global user.name "<自分の名前>"

「<自分の名前>」の所に、名前を入力します。英数字で設定するとよいでしょう。続けて、次のように入力します。

git config --global user.email <自分のメールアドレス>

同じく、自分のメールアドレスに書き換えます。これで設定ができました。

改めてコミットしましょう。これで、コミットが完了です。

ファイルを変更しよう

こうしてコミットをすると、「README.md」はGitの管理下に入ります。すると、Gitは常にファイルの変更や削除を追跡してくれるようになります。実際にファイルを変更してみましょう。

例えばここでは、次のように変更します。

# Git

## はじめに

これでファイルを保存すると、ソース管理パネルに再びファイル名が表示されます。一番右側には「M」という文字が表示されました。

これは、「Modified(変更された)」の頭文字。最後にコミットされた状態からファイルが変更されたことを、Gitが認識したということです。

もしこの変更が意図したものである場合は、再度これをコミットできます。または、間違えて変更してしまった場合は元に戻したりできるようになります。

ここでは間違いなかったとして、再度コミットしましょう。コミットメッセージを「小見出しを追加しました」などとして、コミットしましょう。図のウィンドウで「はい」をクリックして保存します。これでコミットできました。

こうしてファイルの変更をコミットしていくことで、後で自由に元に戻したり、作業の続きを行ったりしやすくなります。最初は面倒に感じますが、Gitの便利さを知ると無駄には感じなくなるので、まずはコミットをするクセをつけていきましょう。

この記事を書いた人

たにぐち まこと

『よくわかるPHPの教科書』や『マンガでマスター プログラミング教室』の著者。 ともすた合同会社で、プログラミング教育やこども向けの講座などを Udemyや YouTubeで展開しています。