MAMPの設定を整えよう

メンバーシップ(月額 980円)になって、このページの動画を見よう

MAMPは基本的にはインストールした状態で利用できますが、学習環境として整えておきましょう。

macOSの場合

MAMPを起動したら、「Preferences」ボタンをクリックして「Ports」をクリックします。

ここで「MAMP default」というボタンをクリックしてください。各番号が8888や8889になっていれば完了です。80や3306といった値になっていることがありますが、これだと他のソフトと設定がバッティングしてしまって正しく動作しないことがあります。

合わせて、メイン画面の下部にある「PHP version」の設定が、7の最新版になっているかを確認します。8も選べるようになっていますが、ここでは7を選んでおきましょう。なお、すでに7が選べない場合は8のままで良いでしょう。

Windowsの場合

MAMPを起動したら「MAMP→Preferences」メニューをクリックします。

「Ports」をクリックしたら「Set MAMP ports to default」というボタンをクリックしましょう。上の各番号が8888などになっていれば完了です。

次に「PHP」をクリックします。ここで、PHPのバージョンが選べます。ここでは、7の最新版を選んでおきましょう。8しか選択肢がない場合は、8でも構いません。

「OK」をクリックしたら「Start Servers」ボタンをクリックしてサーバーを起動しておきましょう。この状態で、PHPが開発できるようになります。

ともすたチャンネルに
チャンネル登録する