ウェブサーバーに FTPでファイルを公開しよう

例えば、手元の PCで作成したウェブサイトをインターネットを通じて公開したいといった場合は、「FTP」というしくみを使ってファイルを転送する必要があります。

FTPとは

FTPは「File Transfer Protocol」の略称で、ネット回線を通じてファイルを送受信するための方式(プロトコル)のことです。この、FTPに対応したソフトを利用することでファイルをサーバー上とやりとりすることができるようになります。

FTPソフトには、有料・無料を含めてさまざまなソフトがあったり、エディターなどに機能が内蔵されている場合もあります。ここでは、無償で利用でき Windows/Macともに提供されている「FileZilla」というソフトを利用していきましょう。

FileZillaをセットアップしよう

まずは、FileZillaのサイトにアクセスしましょう。

FileZillaには「Client(クライアント)」と「Server(サーバー)」があるのですが、今回必要になるのはクライアントなので左側のクライアントボタンをクリックします。

すると、アクセスした環境に合わせたボタンが表示されるので、ダウンロードボタンをクリックしましょう。一番左の「FileZilla」単体で良いでしょう。ダウンロードします。

macOSの場合

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、アプリケーションアイコンが展開されるので、これを「アプリケーション」フォルダーにコピーします。その後、Launchpadなどから起動しましょう。

Windowsの場合

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、セットアッププログラムが起動します。セットアップが完了したらスタートボタンにアイコンが登録されるので、ここから起動します。

FTPサーバーの情報を確認しよう

FTPでファイルを送受信するには、「FTPサーバー」のサーバー情報を知る必要があります。ロリポップでは「ユーザー設定→アカウント情報」に各設定が記載されています。次の各情報を確認しましょう。

  • FTP/FTPSサーバー
  • FTPアカウント
  • FTPパスワード

なお、レンタルサーバーによってはこの他に「ポート番号」という情報が必要だったり、FTPアカウントを別途登録しなければならないとか、鍵ファイルというものを利用する必要があるなど、違いがあるため、各レンタルサーバーのマニュアルなどを参照すると良いでしょう。

FileZillaに情報を設定しよう

FTPサーバーの情報を取得できたら、FileZillaに各情報を設定します。画面上部の「ホスト」に FTPSサーバーを、ユーザー名とパスワードにそれぞれ設定します。「ポート」欄は空のままで良いでしょう。

注意事項が表示されるので確認して進むと、接続に成功して右側の画面にファイルの一覧が表示されます。ここが、ロリポップのサーバー上のファイル群です。

Finderやエクスプローラーと同様にフォルダーを作成したりファイル名を変更したりもできます。

また、左側には手元のコンピューターのファイル群が表示されているため、ここで転送したいファイルまで移動して、右側にドラッグすることでファイルを転送できます。

逆に右から左にドラッグすれば、ファイルをダウンロードすることもできます。こうして、公開したファイルをウェブサーバーにアップロードしましょう。

なおこの時、公開されてはいけないプライベートなファイルや、個人情報が含まれたファイルなどは絶対にアップロードしないように気をつけましょう。誰にも見つからないと思っていても、ハッカーによっては探す手段を持っていて、見つけてしまうことがあります。サーバーには公開しても良いファイル以外を絶対にアップロードしないように気をつけましょう。

ともすたチャンネルに
チャンネル登録する