SQLを実行するシンプルな方法 – mysqli::query

MySQLiのオブジェクトでデータベースに接続したら、SQLを実行することができます。シンプルな SQLを使う場合は queryメソッドが便利です。

$results = $mysql->query('SELECT * FROM items') or die($mysql->error);

SQLでエラーが発生た場合、falseが返り値になります。同時に、$mysqlerrnoerrorに情報が代入されるので、これを表示して処理を終了していましょう。

ここでは、or die($mysql->error);というプログラムを後に繋いで、返り値が falseだった場合に直接エラーで終了するように記述しています。

結果セットを利用する

SQLの実行に成功すると、「結果セット」と呼ばれる情報が$resultsに代入されます。これは、mysqli_resultオブジェクトとして利用できます。結果を取得したい場合は、fetch_assocメソッドを利用すると、連想配列として結果を取得できます。

$row = $results->fetch_assoc();
echo $row['name'];

複数行ある場合は、これを while構文で繰り返し処理できます。

$results = $mysql->query('SELECT * FROM items') or die($mysql->error);
while ($row = $results->fetch_assoc()) {
    echo htmlspecialchars($row['name']);
}

完成プログラム

<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta name="viewport"
          content="width=device-width, user-scalable=no, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, minimum-scale=1.0">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="ie=edge">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
<?php
$mysql = new mysqli('localhost', 'root', 'root', 'mydb', 8889);
if ($mysql->connect_errno) {
    die($mysql->connect_error);
}

$results = $mysql->query('SELECT * FROM items') or die($mysql->error);
while ($row = $results->fetch_assoc()) {
    echo htmlspecialchars($row['name']);
}
?>
</body>
</html>